www.bluavenue.com

ローンなどの支払方式はクレジットカード会社の経営方針如何でかなり相違があって、様々なやり方が選ばれております。類型的には残高スライド方法やリボルディング方式が取り入れられているようです。かような誰もがご存知のリボ払いですが、実を言えば算出法にいろいな法というものがあったりします。よってその方法により返済金額が変わってしまいますので知ることで負担はないでしょう。わかりやすく両者の形式のへだたりに関して説明していきましょう。ひとつは元金均等払いで二つめは元利均等払いです。それぞれ読んで字のごとく元本を均分にして支払っていくというのと、元本と利子に関してつごうで均等に返済していこうという形式です。今回のケースでは10万円を借りたというように、実際上どういう算出をしていくのかやってみましょう。利息に関しては双方とも15%と仮定して計算します。それからリボ払いの支払額を1万円として考えます。まず元金均等払いです。この時の初回の返済については1万円へ金利分の1250円を計上した引き落とし額になります。2回目の返済は1万円に利率1125円を合計した引き落とし額へとなるのです。こういうようにして総回数10回で支払をお終いにすると言う方式になります。これに対して元利均等払いというものは初回の支払については1万円でそこから元本に8750円、利率に1250円といったようにして割り振ります。その次の返済は元金が8750円に減少した状態で金利を計算して、1万円から再び割り振ります。詰まるところ元利均等払いの場合では10回で支払が完了しない算定になったりします。こればかりのへだたりで二者がどのように異なってるのか十分に分かって頂けたことでしょう。元利均等とは元金均等に比べ、明瞭に元が縮小していくのが緩慢といったウイークポイントといったものがあったりします。即ち利子を余分に払うという状況になります。一方では1回目の引き落しが些少な金額で落着すると言うメリットというものもあったりするのです。こういった返済方式などのずれに連動して引き落し額が相異なってきますから自身の返済計画に合った使用法をするようにしましょう。